FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブチャットでの出会い方

出会い系やキャバクラと似て非なる出会い方。それがライブチャットだ。

基本的にライブチャットはエロが目的のものが多い。
ライブチャットの女(パフォーマーと呼ばれる)にチャットで指示を出して、おっぱい揉ませたりオナニーさせたりして楽しむのだ。
いや、これはこれで非常に楽しくて、筆者もよく夜のお世話になっているのだが、ライブチャットはこういうものだけではない。

出会いとしてのライブチャット

マシェリのようなライブチャットは原則エロ禁止である。
つまり女は脱がないしオナニーもしない。じゃあなんのために存在しているかというと、まさに出会いなのだ。

ライブチャットの場合、出会い系と違って顔が見れるし、仕草や声もわかるので、より好みの女を見つけやすい。
ただ、女のほうも仕事としてやっているので、そういう意味だとキャバクラの感覚に近いかもしれない。

そのため、攻略法はキャバクラと似ていて、あまりひとりの女にお金をかけすぎないことである。



エロ系のライブチャットも面白い

エンジェルライブのようなエロ系ライブチャットでも出会えないことはないが、可能性は限りなくゼロに近いだろう。
こういうライブチャットは完全にその場のエロが目的と割りきって利用しよう。
エロとしては、素人を恥ずかしがりながら脱がしていくので、とても興奮して面白い。
無料体験だけでも抜けるので、体験してみることをオススメしておこう。

おすすめのライブチャット
エンジェルライブ

吉沢明歩が広告塔にもなっている有名ライブチャット。
質・量ともに最高レベルなので一度体験してみるといいかも。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

キャバクラでの出会い方

全体的に容姿のレベルが高い女と簡単に出会えるのがキャバクラだ。
はっきり言って、10回合コンするよりも1回キャバクラに行ったほうが、かわいい女に出会える確率ははるかに高いだろう。
しかし、支払う金額も10回合コンするくらいにはかかってしまう。
もちろん1回で済むとは限らないので、トータルで考えるととても非経済的な出会い方なのである。

なるべくお金を使うな

あなたが金持ちならば何の問題もない。思い切ってキャバクラ行きまくって口説きまくるといい。
しかし、お金持ちではないのならば、できるだけ少ない経費でキャバ嬢を落とす必要がある。

ポイントは自分で行く回数のルールを決めること。同じ女を指名するのは3回までと制限してしまおう。
だらだらと行き続けていると、キャバ嬢はあなたのことを客として価値を見出してしまうし、お金ばかりかかって何の進展もないという、無駄以外の何者でもない状況に陥ってしまうのだ。

有名嬢には手を出してはいけない

歌舞伎町などの有名嬢を狙うのはとてもじゃないがオススメできない。
アタナ以上に容姿が良くて金を持っているライバルたちがいくらでもいるからだ。

もしもキャバクラで出会いを求めるのであれば、できるだけ地方の小さめの店の素人っぽい女の子を狙うことをオススメする。

キャバ嬢と客が付き合ったり結婚したりするケースはいくらでもある。
お金があるのならば望みを捨てずに頑張ってほしい。

出会い系サイトでの出会い方

mixiやモバゲーのようなSNSの登場で、一時期は存在感がすっかり薄くなってしまった出会い系サイト。
しかし、SNSでの出会いが簡単ではなくなった昨今では、ふたたび利用価値が出てきている。
なんせ登録している女も出会いを求めているのだから、合コンのように話は早いのである。

出会い系ではサイト選定がキモ

出会い系サイトを利用しての出会いにおいて、もっとも重要な要素とはなにか。
筆者は、それはサイト選定だと断言する。

最近は少なくなってきたとはいえ、出会い系サイトといえばサクラを使っているところがあったり、変な女しかいなかったりと、当たり外れが激しい。
ちゃんと素人の女がたくさんいて出会うことができるサイト。そういうサイトに登録しなければ意味がないのだ。

そこでいい出会い系サイトの見分け方をこっそりお教えしよう。
こっそりというほど大した見分け方ではないが、広告をよく出している出会い系サイトが最も強い。
イコール、女の子の集客に力をいれているサイトと言えるのだ。
マイナーな出会い系サイトなんて、そもそも知っている女がほとんどいないから、登録している女も多いわけがなく、その分サクラで構成されているという仕組みなのである。

女を見極める

サイトを見極めた後は、攻める女を見極めることが重要になる。
出会い系に登録している女は、大きく分けると次の3パターンに分けられる。

1.とにかくエッチしたい
2.いい男と出会いたい
3.ネット上だけで恋愛したい

1番と2番はいいが、3番に当たったときは最悪だ。
コミュニケーションはすごくいい感じで進み、メールのやり取りなんかも毎日楽しい感じにできるのだが、会えることはないだろう。
こういう女はリアルで会うことなど望んでおらず、メル彼が欲しいだけだ。あたなにとって百害あって一利なしなので、さっさと切ろう。
見極め方は、メールのやり取りだとすごくラブラブな感じなのに、会おうという話をすると、なにかと理由をつけて一向に会ってくれない女がこのパターンだ。

出会い系に登録している女なんて他にたくさんいるので、こんな女に使う時間がもったいない。
ほんとうに迷惑な存在である。

ハッピーメール

よく宣伝カーが街を走っているので知っている人も多いだろう。
宣伝に力をいれているイコール、女が多いということでもあるので、出会いとしては狙い目だ。

モバゲータウンでの出会い方

若い女のメインフィールドといえば、むしろmixiよりもモバゲーだ。
しかし、その分、出会い厨の発生率はmixiの比ではない。

電話番号を聞くようなやりとりをするだけで利用制限をかけられるし、そもそも出会い目的なメッセージとか毎日のように送られてくるので、いまさら相手になんてされないだろう。

mixi以上に自然に知り合う必要あり

モバゲーではもはや、まったく知らない女と出会うことはほとんど不可能に近いと言える。
唯一の手段は友達の友達作戦のみだ。そしてこの手法は非常に強力だ。

共通のフレンドがいるというだけで警戒心は一気になくなる。
リアルだといちいち紹介してもらわないと出会うことができなかったが、モバゲーならば積極的に友達の友達にコンタクトをとっていけるという強みがあるのだ。

mixiでの出会い方

言わずと知れた有名SNSのmixiは出会いの場としても活用されている。
なんせ会員数がかなり多いし、ナンパする勇気がないやつでもメッセージなら気軽に送ることができるはずだ。
コミュニティに入れば、共通の趣味をもつ女を見つけるのは容易いし、コンタクトも取りやすい。

いきなりメッセージは警戒される

かつてはmixiで何人もの女と知り合い身体の関係まで持ち込むことができたが、いまはそんな簡単ではない。
いきなりメッセージなど送ろうものなら、完全に警戒されて返信をもらえる可能性などほぼ皆無だろう。
mixiが強力な出会いツールだと判明した時から、出会い目的の男どもが大量に発生したせいだ。

mixiでは地道なコミュニケーションしかない

女も出会い目的の男たちのコンタクトにほとほと疲れはててしまっている。
そんな女たちの警戒心を解くには、地道にまっとうなコミュニケーションを続けていくしかない。
日記にコメントするところからはじめて、2週間でマイミク申請、2ヶ月くらいコミュニケーションを継続した上で携帯番号を聞く方向にもっていくなど、それなりに忍耐が必要だろう。

そういう意味では、合コンやクラブのほうがはるかに手っ取り早いと言える。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。